サンクの想い

私たちの身体は元素で成り立っています。
生薬で、不足している元素を補うことで身体の恒常性を保ち、
未病、病気への対応をしています。

生薬は薬(化学品)にある毒がないので、薬ではなく健康食品扱いになります。
病院の薬は病気をしないと飲めませんが、健康食品(認可済)は病気をする前から飲めます。

生薬はL型アミノ酸で成っており、薬はD型で出来ているため、人間の身体に耐性ができ、いつかは効能がなくなる事が考えられます。生薬はイオン作用を持っているので、必要なものは受容され、不必要なものは排泄されます。(参考:東京大学濡木理教授)

不要なものは体外へ排出

(有)サンクは根本治療、未病・予防を研究しています。

血管を煙突だと考えると煙突の内側が年齢と共に汚れてきます。
糖尿病の原因の、炭水化物をエネルギーに変える時の残骸の炭・スス・脂・中性脂肪LDL等を溶解します(ケトン体)・カルシウム・過酸化脂質・鉄(酸化鉄)等が血管の内側へこびりついて血管の内側を狭くして、糖尿病・高血圧・脳梗塞等の原因になっています。
これらの汚れを赤松がもつ「テルペン」の作用が血管の内側の汚れを溶かし、体外へ排出し、すべての血管動脈・毛細血管(99%)をきれいにして身体の隅々まで酸素と栄養を与え、きれいで健康な身体を維持します。
私たちは、この素晴らしい生薬や赤松を世に広めるための研究をしています。
漢方・「生薬・赤松」は肝臓細胞増殖因子(HGF)が68倍に活性することが証明されています。
肝臓・アンモニア・尿酸・アルブミン不足・メタロチオネイン(RNA ・たんぱく質)・脂肪肝・コレステロール・LDL・糖尿病(ケトン体)食道飲酒アセトアルデヒド・肺・COPD気管・ぜんそく・ステロイド離脱・レドックス(解毒)、水銀、神経毒、神経マヒ(脳梗塞後に麻痺・難病)毛細血管を内側から静化し、ガンや老化・あらゆる病の予防等に対応できる事が考えられます。